いづみ自動車HOME > コンプライアンスポリシー

コンプライアンスポリシー

企業ミッション

整備作業を通じて、物流業界を支え、人々の社会生活の根底を支える。
物流トラックの整備を通じて、社会に貢献いたします。


企業フィロソフィー

 

・『人 金 徳』
   お金(結果)を求めず、徳を求める
    ※徳(とく)は、人間の持つ気質や能 力に、
     社会性や道徳性が発揮されたもの
    ※社会人としての10の徳
     ①挨拶 ②笑顔 ③言葉遣い ④親切 ⑤誠実
     ⑥感謝 ⑦自律 ⑧責任 ⑨努力 ⑩前向き

・『共感・自然・責任』
    あなたは人から共感を得ているか?・・・
    その振舞いは自然か?・・・
    その全てのもとに自ら責任を持てるか?・・・
 

 

Ⅰ.制定の目的

当社は、当社の企業ミッション、企業フィロソフィー、経営理念、基本方針、 行動指針に基づき、適正かつ健全な事業活動を維持する事を最重要視しています。
その為、広く社会に向けて、当社の法令遵守(コンプライアンス)に関する基本姿勢 を宣言し、私たちの責任においてその体制の整備と強化を行います。
そして、役員及び社員一人一人がその意味を理解し、正しい行動をとるよう努める と共に、コンプライアンス意識の向上を図ります。

 

Ⅱ.当社の考えるコンプライアンスの範囲

事業運営に関わる法令の遵守はもちろんの事、企業 として定めている規則、通常業務でのルールも遵守す べき基本となります。また、社会で生きる個人や法人 としての企業においても、規範を守る事で、社会の中 で生かされ生きている事への自覚は必要と考えます。 そして、社会人としてその倫理に反しない行動は、個 人だけでなく所属する企業団体にとっても、周囲から の共感を得るうえで守るべき範囲だと考えます。
法令遵守(前提)

規則・ルールの遵守(基本)

社会規範の遵守(自覚)

社会人としての倫理的行動(共感)
 

Ⅲ.5つの宣言

1.法令・社会規範の遵守
 当社および当社社員は、企業経営及び事業活動にかかわるすべての法令を遵守します

2.健全な競争と公正な取引の維持
 顧客およびその他の取引先と適正な取引を行うとともに、競争関係にある企業等とは公正な競争を行います

3.適切な情報管理
 業務を通じて取得した情報は関連する法律を遵守して、適切に管理します

4.健全な職場環境の確保
 従業員の人権および多様性を尊重し、安全かつ健康的で働きやすい職場を形成します

5.反社会的な勢力との関係遮断
 反社会的な活動や勢力に対しては毅然とした態度で臨み、一切の関係を遮断します

 

Ⅳ.贈収賄防止に関する方針

当社は、適正かつ健全な事業活動を維持する為に、関係する諸団体及び個人に対して、贈収賄等の不正の提供又はその申し出、約束等に対し、固く戒め以下の通り遵守いたします。
また、取引先様におかれましては本方針をご理解の上、ご協力をお願い致します。

1.贈収賄利益供与の禁止
  事業運営上の利益の獲得、もしくは、維持を目的として以下の行為を行いません。

  ・公務員等(国内又は国外を問いません。以下同じ)又はこれに準じる立場の者に対する金銭、
   贈答品、接待等の不当な利益提供、申出または約束
  ・代理店、代理人、コンサルタント、エージェント、アドバイザー等に対する支払が公務員や
   これに準ずるものへの不正、違法な働きかけのために利用される、又は疑いのある場合の、支払

2.弊社に対する接待、贈答等に対する制約
  一般的なビジネス慣習の範囲を逸脱する、もしくは、定められた決裁権限者の承認を受けていない接待、 贈答等は受けません。
  また、これらに反して不正な行為を行った場合、取引は停止となります。

3.従業員への教育・対応
  従業員に対し、本方針に掲げる自覚の教育を継続的に実施します。
  また、従業員が本方針に反して不正 な行為を行った場合は、当社の就業規則に定める手続きにより、懲戒処分の対象となります。

 

Ⅴ.コンプライアンスを維持確保するために

迷った時・・・、おやっ?と、思った時・・・、自問してみましょう

  1.それは、法律に違反していないか?
  2.自らの良心に引っかかりはないか?
  3.他の人がしているのを見たらどう思うか?
  4.家族に自信をもって話せる事か?子供にも同じことをさせられる事か?
  5.誰かにつけ込まれたり、後悔したりしない事か?
 

Ⅵ.見直し

コンプライアンスポリシーは、定期的に見直しを行い、  必要に応じて改正、改善を実施し続けます。

平成27年6月
いづみ自動車株式会社
代表取締役  田村 圭