いづみ自動車HOME いづみ自動車 > 電装関係ブログ

モーター&ミッションが少し邪魔になってきたので

とりあえず車に載せてみる事にした。

    

      思った以上にぴったり付いた          正面から見ても特にずれは無いようだ!

 

 

                   

                      後ろから見ても真っ直ぐですね

                   よくみるとデフのフランジが右よりなんです!

                さらにミッションのアウトプットシャフトも右よりなんです!

 

  思わず、『完璧じゃん俺ってすげーな』などとつぶやいたのは言うまでもない。

 

  気分がいいのでついでに、ヒーターも取り付けてみました。

     

   ヒーターの配線が無ければ、普通のブロワケースです。どのくらい暖かい風が出るのでしょうか?

 

この先も問題なく出来ていく事を祈りつつ、少しづつがんばっていきます!

製作者 赤星

 

 

 

2013年 4月 24日
 

当然だが、ガソリンエンジンには吸気をすることによって

負圧が起こる!

この負圧によって作用するパーツがたくさんある。

なかでも、EV化しても重要な作用がブレーキの倍力装置に使う負圧!!

そこで負圧を電気的に作らなくてはいけなくなる。

たいそうな言い回しをしているが要は、バキュームポンプを設置すればいいのです。

         

これがバキュームポンプ12Vで動きます        バキュームタンク右側にポンプとマスターバックに

                                           つながるパイプ。

                             左側に警告灯用のスイッチとポンプのON・OFFスイッチを

                                     取り付けるフランジがあります

 

バキュームタンクの取り付け位置に、悩みまくって何とか邪魔にならないところを見つけたのですが、

アルミタンクの為ステーの取り付けが困難でしたが、車体整備のK主任の助けでステーをアルミ溶接してもらいました。

                      

               どうです!きれいな出来栄え!我が会社の技術力に感謝

 

取り付けてみました!試行錯誤の上こんな感じにまとまりました。バンパーに干渉しないベストポジション

                   

少しづつ完成に近づいています、まだ走っているイメージは湧いてきませんがとても楽しみです!

製作者 赤星

 

 

2013年 4月 20日
 

電気自動車の電気系統と言われれば、バッテリーやモーターをイメージしますが

このEVには2系統の独立した、電気系統があります。

一つ目は、もともと付いていた12Vのバッテリーで動く部分

たとえば、ルームランプ・灯火類・メーター・ブロアモーターです。

二つ目は、EVのための72Vの系統

駆動用モーター・駆動用バッテリー・ヒーター(フロントガラスの曇り取り)

A/C用のモーター駆動用(今回は付けてませんが後ほど・・・)などです

なので新規にスイッチなどの取り付けが必要になります。

アクセルワイヤーが不要になったので

抵抗で開度が検出できるアクセルスイッチ(もちろん72V)

モーターコントローラーへ入力

 

  
ヒーターのスイッチ、ヒーターレバーHOTmaxでON それ以外は送風です。(72V)

 

  

ヒーターです。72Vで動く電気ストーブですね    ヒーターコアの穴に取り付けるのですが

                                形が違ったので加工して押し込みました

 

  

サイドブレーキスイッチ、これもモーターコントローラーへ入力、メーター内のびっくりマークとは別に

取り付けました。

72V系統はオレンジのコルゲートチューブを使って差別化しています。

ちなみに12VのバッテリーはDC/DCを通して72Vから充電することになります。

製作者 赤星

 

 

2013年 4月 16日
 

今回はモーターを組んだミッションを、純正エンジンマウントと

純正エンジンメンバーに取り付けようと思います

      

モーターブラケットを3センチかさあげしました!    純正のエンジンブラケットをカットして付けたので

                                   マウントもぴったり組めました

 

微妙な違いがありました!右側のマウントがとどきません!

見た目では、ほとんど同じように見えていたので、気がつきませんでしたが

取り付けてびっくりでした!(動揺したため写真を忘れました)

現車の写真を見てもきっと気づかないですよね?

   

DA64のマウント周りです。角度が違うので判りませんね

 

見た目は同じでも実は違うんですね。型式の違いを実感しました!

少しづつ違いが出てきました、この先どうなるのか、とても心配です。

製作者 赤星

 

 

2013年 4月 12日
 

今回はついにモーターを、取り付けてみたいと思います。

   

こんな感じで組み付けます!            モーターの先端にはメンドラシャフトの                                  

                                スプラインが切ってあります

 

今回の動力の伝達方式は”ダイレクト方式”モーターとミッションを直結です。

マニュアルミッションですが、クラッチはありません。

ちなみにオートマミッションを使うと、いろいろ大変なようですよ!

なんたってモーターはアイドリングしませんから、トルクコンバーターの油圧を保てないそうです。

CVTなら出来そうですね。HV(ハイブリット)車はCVTが多いようです。

あっ!この車、完成したらAT?MT?

確かクラッチの無いマニュアル車は、AT限定で乗れると言う記事を読んだことがあるような・・・無いような

出来上がるまでに判ればいいですね。

      

組み付け出来ました!黒いステー類は、        正面から、本格的に気分が上げ上げです!!

マウントやクーラーコンプレッサーの台です

 

組み付け完了で早く車に搭載したくなりました!                        製作者 赤星                   

2013年 4月 09日
 
3 / 41234