いづみ自動車HOME いづみ自動車 > 電装関係ブログ

今回の車両は、スズキ キャリートラック 型式DA63Tなのですが。

初挑戦なので、まずはキットで販売しているものと考えました。

キット販売をしている会社を探したのですが、意外とオーダーメイドや部品のみの販売で、

フィッティングキットなどはな無く、足りないものは自作がほとんどでした。(探し方が悪かったのかも・・・)

特に加工が難しい物としてモーターをミッションに固定するフランジ!

モーターとミッションのメンドラシャフトを真っ直ぐに繋げるように加工しなければなりません!

少しでもずれるとモーターが振動してしまい、回転を上げれば上げるほど大振動を発生させてしまうのです。

この部品だけでも手に入らないかと奮闘しているとDA64V用のキットを販売している会社を発見!!Apex株式会社さんでした。

早速電話で確認してみると、見積もりと同時進行でベース車との互換性を調べてくれるとの事でした。の

後日連絡がありミッションのフランジは使えそうだとわかりました。

 

これがそのフランジですアルミの削り出し加工で非常にかっこよいです

 

この部品以外は、あくまでもDA64V用なのでそのまま使えるかは未知数です。

次回は組み付け開始!                                            製作者 赤星

 

 

 

2013年 4月 06日
 

EV車と言えば電気自動車。

エンジン⇒モーター

燃料⇒電気

このくらいの知識しかありませんが、とりあえず・・・

いらなくなりそうな物を片っ端から外そう!分解するのは得意?むしろ好き

さあ分解

 

見やすいように椅子を外しました。        バンパーを外し不要なラジエターを外しました。

 

 

 

エンジン、ミッション、エンジンハーネスそっくり取り外し     さらにマフラー、燃料タンクも外し

 

ダイエット成功!エンジンは引越し先が決まっているので、もう後戻りはできません!!

そしてこれが次の動力になるモーターとバッテリーです!

 

バッテリー(1本あたり約50キロ)が6本     木箱の中身は三相交流72Vのモーター(約40キロ)

 

あわせて約340キロ!せっかくダイエットしたのに!外した物合わせても(ミッションは使うので)いいとこ150キロたらず・・・

結局完成したころには、200キロくらい増のリバウンドになるもよう。

結局のところ、バッテリーの重量がEV車のデメリットらしい、今回は鉛のバッテリーをチョイス(お手軽価格なので)

最近話題のボーイング社の、リチュームイオンバッテリーなどはかなり軽量らしいですが

同じ電圧(V)を発揮するだけそろえるともう1台新車の軽トラが買えてしまうそうだ。

これからがEV車製作の本番です。                                                製作者赤星

2013年 4月 04日
 

ホームページ開設時からあった謎のバナー?年経って動き出すことになりました。

不定期ではありますが少しづつアップしていきたいと思います。

 

ベース車両のキャリーまだまだ現役で絶好調な軽トラです。

初っ端から飛ばすとネタ切れになってしまうので今回はここまでにしときます。

ブログスタートの報告でした!次回より作業に入ります

                                                                                                           作成者赤星

 

 

2013年 4月 02日
 

ele1いづみ自動車では、電気自動車の開発を行うプロジェクトチームを有し、電気自動車の販売の計画も遂行中です。
今後、開発状況や販売などについて当ブログにてご紹介してまいりますので、どうぞご期待下さい

2010年 4月 23日
 
4 / 41234